トピックスINDEX

大きなサイズ対応のFOG圧着機導入しました

弊社では これまで、中小型サイズのパネル中心に試作・少量産を受託してまいりましたが、最近になりまして大きめサイズのお引合いをいただくようになりました。そんなご要望にお応えするべく、大きめサイズ対応可能なFOG圧着機を導入いたしました。

主な仕様は以下の通りです。

メーカー:ADVANCEL

機種名:AD-530SC

対応パネル(PCBボード)寸法: MAX幅500mmまで (パネルサイズ目安:6インチ~23インチ)

加圧シリンダーストローク: 30mm

加圧ヘッド推力: MAX500kgf

現在セットアップ中ですが、8月より使用出来る見込みでございます。是非ご活用いただきたく、よろしくお願いいたします。

 

ADVANSEL:AD-530SC

大きなサイズ対応のACF転着機導入しました

弊社では これまで、中小型サイズのパネル中心に試作・少量産を受託してまいりましたが、最近になりまして大きめサイズのお引合いをいただくようになりました。そんなご要望にお応えするべく、大きめサイズ対応可能なACF転着機を導入いたしました。

主な仕様は以下の通りです。

メーカー:ADVANCEL

機種名:AD-AC-500H

対応パネル(PCBボード)寸法: MAX幅500mmまで (パネルサイズ目安:6インチ~23インチ)

対応パネル(PCBボード)厚み: 0.4~1.0mm

ACF幅: 1.0~3.0mm

加圧能力: 290~1080N (30~110kgf)

現在セットアップ中ですが、8月より使用出来る見込みでございます。是非ご活用いただきたく、よろしくお願いいたします。

ADVANCEL:AD-AC500H

第5回集積化MEMS技術研究ワークショップ

☆イングスシナノからもショートプレゼンさせていただきます。

公益社団法人応用物理学会集積化MEMS技術研究会主催

第5回集積化MEMS技術研究ワークショップ

 公益社団法人応用物理学会集積化MEMS技術研究会は,集積化MEMS技術に関するワークショップを定期的に開催しています。 集積化MEMS技術研究ワークショップは研究会会員様からの研究成果の発表とともに企業の賛助会員様からの技術紹介も行い,議論や情報交換を行うことを主な目的としています。 また,ワークショップは企業や研究機関で開催され,今後の会員皆様の研究開発に役立つ情報が得られるように開催場所では見学会も企画しています。
 今回の第5回集積化MEMS技術研究ワークショップは,豊橋技術科学大学にて開催します。招待講演として名古屋大学の泰先生より「機械と電気の真の融合を目指した新しい微細加工技術」と題する講演を, また,静岡大学の二川雅登先生より「オンサイトモニタリングに向けた農業用祭りモーダルセンサの開発とその応用例」と題する講演をして頂き,最新の研究成果について議論する予定です。 また,見学会としてエレクトロニクス先端融合研究所の施設見学を予定しています。
 一般会員様や企業の賛助会員様からの発表および技術紹介は,すべてショート講演(3分程度を予定)+ポスター形式(展示も含む)とします。 また,本ワークショップでは優秀なポスターに優秀ポスター賞を授与する予定です。なお,今回のワークショップは電子情報通信学会の協賛を頂いておりED研究会(7/10-11午前)に引き続き開催されます。
最後に,多くの方の投稿と参加をお願い申し上げます。 

【開催日時】平成26年7月11日(金)13:00~17:00

【開催会場】豊橋技術科学大学 エレクトロニクス先端融合研究所
ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー プロジェクト研究交流室
所在地:〒441-8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1-1

イングスシナノのFaceBookページ作りました

5月よりFaceBookページ立ち上げて運用しています。

ホームページやメールニュースでは、どうしてもこちらからの一方通行ですので、

是非このツールを使って皆様と交流が深まればと考えております。 

 

あらためて、今後ともよろしくお願いいたします。

FaceBookページ   https://www.facebook.com/ings.shinano

恒温恒湿試験室の使い方あれこれ

弊社では、内寸で4m✕5mの大きさの恒温恒湿試験室を3台保有しております。
一口に環境試験室と行っても、一般的な熱耐久試験だけが用途ではございません。
これまで、弊社をご活用頂きました事例を下に列挙いたしました。
何かのご参考になればと思います。
是非、みなさんのお役に立ちたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
 
 
・海上輸送時の恒温多湿を想定した耐久試験
・各温度設定による塗装実験
・耐熱素材の性能評価実験
・特殊素材のプログラム運転による温度変化ストレス試験
・消臭剤の温度変化による効果の有効性実験
・ドラム缶状態での液体の加熱
・紙の温湿度別のプリント試験
・食品の恒温保管による変化実験
・使用部材の温度による膨張実験
・真冬を想定したM/Cの動作確認
・大型プラスチック部品のアニール
 
 
詳しい設備仕様は、装置紹介ページをごらんください。
http://www.ings-s.co.jp/facility/room/kouonkoushitsu1.html
 
エスペック社製恒温恒湿室
5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15