トピックスINDEX

COGボンダー 『パナソニックFPX105CG』 導入

イングスシナノでは、FPD用COGボンダーのパナソニック社製FPX105CGを導入いたします。

本装置の主な特徴は、

①1~17インチサイズパネル対応

②2辺実装対応(IC6個実装まで)

③ACF貼付け~仮圧着~本圧着までの自動実装

これまでも、弊社ではスタンドアロン装置によるCOG試作を行って参りましたが、本装置導入によりIC多数個実装品や、少量産対応を迅速に行えるようになります。

パナオソニック FPX105CG

株式会社シンアペックス様ご提供の『セミオートダイボンダー EMU』設置

株式会社シンアペックス様のご提供による『セミオートダイボンダー EMU』が、イングスシナノの実装試作工場に設置されました。

この装置は、フルオートダイボンダーでないと難しい□1mm未満チップのオートアライメントダイボンドを可能としました。フルオートダイボンダーは、段取りに時間がかかりますので、この装置により従来より素早い試作対応が出来るようになります。特に少量で多水準の実験を行う場合には さらに意味のあるものになりますので、実験室や開発試作部門様などへの導入に最適な装置であります。

弊社では、この装置での試作や実験を承りますのはもちろん、購入検討されているお客様向けには、じっくりと装置の事前確認をいただける場をご提供してまいります。難テーマに関しましては、弊社とシンアペックス社様のエンジニアとの共同体制でご対応申し上げますので、お気軽にお声がけください。

大きなサイズ対応のFOG圧着機導入しました

弊社では これまで、中小型サイズのパネル中心に試作・少量産を受託してまいりましたが、最近になりまして大きめサイズのお引合いをいただくようになりました。そんなご要望にお応えするべく、大きめサイズ対応可能なFOG圧着機を導入いたしました。

主な仕様は以下の通りです。

メーカー:ADVANCEL

機種名:AD-530SC

対応パネル(PCBボード)寸法: MAX幅500mmまで (パネルサイズ目安:6インチ~23インチ)

加圧シリンダーストローク: 30mm

加圧ヘッド推力: MAX500kgf

現在セットアップ中ですが、8月より使用出来る見込みでございます。是非ご活用いただきたく、よろしくお願いいたします。

 

ADVANSEL:AD-530SC

大きなサイズ対応のACF転着機導入しました

弊社では これまで、中小型サイズのパネル中心に試作・少量産を受託してまいりましたが、最近になりまして大きめサイズのお引合いをいただくようになりました。そんなご要望にお応えするべく、大きめサイズ対応可能なACF転着機を導入いたしました。

主な仕様は以下の通りです。

メーカー:ADVANCEL

機種名:AD-AC-500H

対応パネル(PCBボード)寸法: MAX幅500mmまで (パネルサイズ目安:6インチ~23インチ)

対応パネル(PCBボード)厚み: 0.4~1.0mm

ACF幅: 1.0~3.0mm

加圧能力: 290~1080N (30~110kgf)

現在セットアップ中ですが、8月より使用出来る見込みでございます。是非ご活用いただきたく、よろしくお願いいたします。

ADVANCEL:AD-AC500H

第5回集積化MEMS技術研究ワークショップ

☆イングスシナノからもショートプレゼンさせていただきます。

公益社団法人応用物理学会集積化MEMS技術研究会主催

第5回集積化MEMS技術研究ワークショップ

 公益社団法人応用物理学会集積化MEMS技術研究会は,集積化MEMS技術に関するワークショップを定期的に開催しています。 集積化MEMS技術研究ワークショップは研究会会員様からの研究成果の発表とともに企業の賛助会員様からの技術紹介も行い,議論や情報交換を行うことを主な目的としています。 また,ワークショップは企業や研究機関で開催され,今後の会員皆様の研究開発に役立つ情報が得られるように開催場所では見学会も企画しています。
 今回の第5回集積化MEMS技術研究ワークショップは,豊橋技術科学大学にて開催します。招待講演として名古屋大学の泰先生より「機械と電気の真の融合を目指した新しい微細加工技術」と題する講演を, また,静岡大学の二川雅登先生より「オンサイトモニタリングに向けた農業用祭りモーダルセンサの開発とその応用例」と題する講演をして頂き,最新の研究成果について議論する予定です。 また,見学会としてエレクトロニクス先端融合研究所の施設見学を予定しています。
 一般会員様や企業の賛助会員様からの発表および技術紹介は,すべてショート講演(3分程度を予定)+ポスター形式(展示も含む)とします。 また,本ワークショップでは優秀なポスターに優秀ポスター賞を授与する予定です。なお,今回のワークショップは電子情報通信学会の協賛を頂いておりED研究会(7/10-11午前)に引き続き開催されます。
最後に,多くの方の投稿と参加をお願い申し上げます。 

【開催日時】平成26年7月11日(金)13:00~17:00

【開催会場】豊橋技術科学大学 エレクトロニクス先端融合研究所
ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー プロジェクト研究交流室
所在地:〒441-8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1-1

3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13