トピックスINDEX

2015年のスタート

あけましておめでとうございます。
株式会社イングスシナノは、本日(1月5日)より2015年の営業を開始しております。
本年もよろしくお願いいたします。

弊社と同じ下諏訪町の諏訪大社下社の神楽殿です。

11/22(土)夜発生の長野県北部地震について

11/22(土)夜に発生しました長野県北部地震によって被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
諏訪エリアでも結構な揺れを感じましたが、幸いにして弊社での被害はなく、通常通り稼働しております。
 
ご心配頂きましたお客様におかれましては、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

フラットパネルディスプレイ光学測定機導入

イングスシナノでは、フラットパネルディスプレイ用光学測定機を導入いたしました。

 

本装置のポイントは、

・光学輝度計にコニカミノルタ社製「CS-2000A」を採用し、OLEDの超低輝度のBlack測定も可能

・オリジナル測定ソフトによるPC制御でのスピーディーな測定

・自動ステージ可動範囲は±150mm、面内均一性測定も自動ステージにて正確に測定

・測定単位は「x,y系」「u',v'系」「L*系」に対応可能

 

↓コニカミノルタ社製光学輝度計「CS-2000A」の詳しい仕様は、下記のメーカーホームページでご確認ください。

フラットパネルディスプレイ光学測定機

COGボンダー 『パナソニックFPX105CG』 導入

イングスシナノでは、FPD用COGボンダーのパナソニック社製FPX105CGを導入いたします。

本装置の主な特徴は、

①1~17インチサイズパネル対応

②2辺実装対応(IC6個実装まで)

③ACF貼付け~仮圧着~本圧着までの自動実装

これまでも、弊社ではスタンドアロン装置によるCOG試作を行って参りましたが、本装置導入によりIC多数個実装品や、少量産対応を迅速に行えるようになります。

パナオソニック FPX105CG

株式会社シンアペックス様ご提供の『セミオートダイボンダー EMU』設置

株式会社シンアペックス様のご提供による『セミオートダイボンダー EMU』が、イングスシナノの実装試作工場に設置されました。

この装置は、フルオートダイボンダーでないと難しい□1mm未満チップのオートアライメントダイボンドを可能としました。フルオートダイボンダーは、段取りに時間がかかりますので、この装置により従来より素早い試作対応が出来るようになります。特に少量で多水準の実験を行う場合には さらに意味のあるものになりますので、実験室や開発試作部門様などへの導入に最適な装置であります。

弊社では、この装置での試作や実験を承りますのはもちろん、購入検討されているお客様向けには、じっくりと装置の事前確認をいただける場をご提供してまいります。難テーマに関しましては、弊社とシンアペックス社様のエンジニアとの共同体制でご対応申し上げますので、お気軽にお声がけください。

4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14