商品案内・営業情報

英語版ページ更新しました

英語版ページの全面的な見直しを行いました。

すでに更新してありますので、海外のお客様にも弊社をご紹介いただければ幸いでございます。

今後ともよろしくお願いいたします。

弊社3台目となるFCB3(パナソニック社製フリップチップボンダー)を導入!

COF(チップONフレキ)のお引き合いが増えております。

また、精度良くガラス板やリッド、あるいはその他のメカ的な微小部品を基板へ接着すると言うような従来の実装の領域からはみ出す試作作業もお引き合いただきます。

そこで、この高精度マウント領域の業務を拡大すべく、弊社としては3台目となるFCB3(パナソニック社製フリップチップボンダー)を導入いたしました。非常に汎用性が高く、かつ 高精度マウントが可能な組立機ですので、是非ご活用ください。

 

主だった仕様は下記になります。

対象基板サイズ 50×50mm~330×250mm

対象ダイサイズ 1×1mm~20×20mm

実装精度     3μm/3σ

加圧レンジ    5~490N

加熱レンジ    Max500℃

チップ供給部  Wf:Max8インチ

           もしくは、2インチトレイ・4インチトレイ

 

※必ずしも上記の限りではございません。特殊品の対応もいたしておりますので、まずはご相談いただければと思います。

半自動枚葉貼合機(高精度タイプ)

弊社では、クライムプロダクツ社製の半自動枚葉貼合機を追加導入いたしました。

今回導入した設備は、1台目より進化しており、高精度タイプとなっております。主な仕様は以下の通りです。

・クライムプロダクツ社製 オートアライメント機能付 望視タイプ

貼り合わせ精度:±0.05

・対応サイズW500×L600×t合計15     重量3kgまで

タッチパネル・カバーガラス・保護フィルム 等々、各種薄物の貼り合せに是非ご活用ください
 
※曲率がゆるければ、2.5D(かまぼこ型)対応も可能です。
 
※対象物により条件が異なりますので、都度ご相談ください。
 

恒温恒湿室試験の季節!?  高温多湿の梅雨時には、品質問題も多発します・・・

イングスシナノでは、大型の恒温恒湿試験装置を3台保有しております。高温多湿の梅雨時になりまして、保管部材の品質トラブルや長距離輸送での製品劣化など、なにかと環境変化に起因する品質トラブルが起こりやすい季節です。事前の確認試験やクレームの再現実験などに 是非ご活用ください。

詳しい試験装置の仕様は、下のURLよりご確認ください。   http://www.ings-s.co.jp/busi/evaluation/hyoka-tokucho.html

 

これまでの実施事例

①飲料自動販売機の長時間稼働試験(雑菌の増殖検査)

②建築材料の耐久試験(コンクリート/断熱建材)

③ケミカル部品(フイルム)の耐久試験

④事務機器(プリンタ-/FAX)の連続運転試験

⑤車両用塗料の塗布性試験

⑥フラットパネルディスプレイの耐久試験

⑦プラスチック部品の耐久試験

⑧半生食品の乾燥試験

⑨金属バルブの凍結破裂試験

⑩室外機ファンの耐久試験

⑪油圧機器の低温/高温での運転試験

⑫介護用品(トイレ)の低温/高温での運転試験

⑬一定環境下でのベビーカー段差昇降耐久試験

 

試験以外の用途

①大型プラスチック部品のアニール

 

 

待望のロータリーヘッド(自動)アルミ細線ボンダー導入!!

待望のロータリーヘッド(自動)アルミ細線ボンダー(超音波工業製 REBO-7W)を導入しました。
これまで、卓上実験機のみでのご対応でしたので、アルミ細線を必要とするCOBに対しまして、ワイヤー本数の多いものへのご対応が出来ませんでしたが、今後は幅広くお請け出来るようになります。
対応ワイヤー径 25~50μm
ボンディングエリア 300×160mm

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10