各種ベアチップ微細実装、液晶パネル精密貼合わせ、試作から量産まで一貫受託!


技術情報

ガラスパネルにドライバICを実装します

COGは、Chip On Glassの略で、ACFによる熱圧着によってガラス基板上にフリップチップ実装する実装方法です。

LCDなどフラットパネルディスプレイの駆動に必要なドライバICは、パネル上に直接実装する方法が主流です。これがCOG実装で、このほかに狭額縁ディスプレイを実現するためにドライバ実装はFPCの上に行い(COF)、挟ピッチFOGによってトータルの額縁を狭くする構造も取られるようになってきました。
LCDの解像度/精細度の向上により、ドライバICは多ピン化、挟ピッチ化が進み、ICの形状もより細長い形となってきています。

弊社では長年COG対応をしてきた経験があり、様々なCOG実装の対応が可能です。