各種ベアチップ微細実装、液晶パネル精密貼合わせ、試作から量産まで一貫受託!


技術情報

OCAとは、Optical Clear Adhesive の略です。

ディスプレイとカバーガラス/タッチパネルなどの間に空気層があると、界面反射により見た目が低下してしまいます。その見た目の向上のため(界面反射を少なくするため)に、貼合される材料に近い屈折率を持った材料で空間を充てんします。OCAは空間を充てんする材料の一つです。
詳しくは「ダイレクトボンディングについて」をご覧ください。

OCAの特徴
OCRに対するメリットは、樹脂がはみ出してしまうOCRに比べて取り扱い性が良いこと、厚さが面内で均一で、個体間のばらつきも少ないことが挙げられます。
一方で、OCRに比べるとカバーガラスの印刷段差の吸収するのに厚さが必要になります。また、接着材料をシート状にして、必要な形状にカットする必要があるため、コスト競争力は少し劣るようです。

OCAには、アクリル系、シリコン系を中心に様々なメーカが多数の製品をラインナップしています。また、貼合後にUVを照射したり熱をかけたりして反応を進め、より高い接着力が得られるタイプもあり、用途によって選択を行います。

プロセスについて
OCA工法ではテープ状に加工された粘着剤を一方のパネルに貼り、もう一方のパネルを貼り付けます。材料によって大気圧下でローラー貼りを行ったり、真空中でワークを貼り合わせたりします。弊社では様々な貼合装置を保有しています。平面同士の貼り付け以外にも、曲面の貼合にも取り組んでいます。