2018年度 経営方針

社訓

2018年度経営方針

【経営目標】

《オペレーション》
  1. 各実行部門の売上・利益目標を100%達成する。
  2. 試作と少量産の最適バランスによる売上・利益確保

《企業力強化・品質向上》
  1. 『5S3定』の徹底による、ものづくりの原点回帰
    5S...整理、整頓、清掃、清潔、しつけ
    3定...定位(どこに)、定品(なにを)、定量(いくつ)
  2. ISO/IATF手法を活用し、品質管理力を一段と高める。
  3. ITシステム(Business Link)を最大活用し、情報の共有化と効率的な生産体制を実現する。
  4. 省エネ・自動化・省スペース化と継続的な改善により高効率生産を推進する。
  5. 営業体制の強化・刷新により開拓・提案営業力を向上する。
  6. 次世代の技術・技能に積極的に取り組む。

《人材・風土》
  1. 次世代を担う人材(リーダー)および柔軟で迅速な対応ができる人材を育成する。(社員教育の充実)
  2. 約束を守り思いやりのある信頼された社員をめざし、たゆまぬ努力をする。
  3. 『報連相』+『おひたし※』を徹底し、全社総合力を高める。
    ※怒らない・否定しない・助ける・指示する

2018年度 品質方針

2018年度品質方針

【品質方針】

顧客ニーズに合致した『製品およびサービス』を提供するに際し、法規制およびその他の要求事項を満たし、品質マネジメントシステムの継続的改善を進め、顧客満足度の向上を図る。

《試作ビジネス》
急激に変化する顧客ニーズ(スピード・技術・コスト)に合致したサービスを提供する。

《量産ビジネス》
  1. 既存事業において、確実に製品品質を維持する。
  2. 新規顧客において、プロセス変化(新規M/C導入、新製品立上等)に留意し、初期流動時には効率的かつ効果的な品質体制を構築する。

【品質目標】

《試作ビジネス》

「ワンランク上の顧客満足向上をめざす」


《量産ビジネス》

「顧客クレーム」 "0"件 「社内不適合」"半減"

  1. 標準化した作業の順守による作りこみの強化
  2. IATF16949:認証取得
  3. 5S3定の徹底による品質力アップ

2018年度 環境方針

2018年度環境方針

【環境方針】

  1. 当社は環境に関する法規制及び条例はもとより、利害関係者からの要求条件を順守し、自主基準を設けて生物多様性・生態系の保全及び汚染防止に向け環境の継続的改善を推進します。
  2. 環境マネジメントシステム(ISO14001:2015)に則り、各部門で環境目標を設定し、そのパフォーマンスとシステムを評価して必要な見直しを実施します。

【環境目標】

  1. 製品含有化学物質の適切な管理とグリーン購買及び法令順守
  2. 事業全体の資源・エネルギー消費の適正化(歩留向上)
  3. 廃棄物の発生抑制と資源の有効活用

全社員に『環境方針カード』を配布してこの方針を周知徹底し、行動の指針とすると共に、関係する皆さまに公開いたします。

2018年度 労働安全衛生方針

2018年度労働安全衛生方針

【行動指針】

  1. 労働安全衛生マネジメントシステムの仕組みを生かして、具体的な目標を設定し、実行・評価し、継続的な改善に努めます。
  2. 労働安全衛生に関する各種法令・条例、組織が同意する協定に基づく規制・基準を順守します。
  3. 危険源を除去し労働災害につながる安全衛生リスクの低減に努めます。
  4. あらゆる階層における協議および参加のもとに、全従業員に対する安全衛生教育をつうじて、自ら安全最優先の行動ができるように安全意識の向上に努めます。

【目標】

微傷災害「0件」