各種ベアチップ微細実装、液晶パネル精密貼合わせ、試作から量産まで一貫受託!


その他

今期なかなか波に乗れずに低迷している鳥栖が相手とは言え、世界のトーレスを擁するチームからの勝ち点3は、非常に価値あるものでしょう。

イングスシナノは、2019年シーズンも松本山雅を応援しております。1枚目の写真には、ゴール裏バナーボードの向かって右端にイングスが出ております。
2枚目の写真は、反町監督ごしのイングスバナーボード。非常にレアなアングルでございます。


今回もチッケトはソールドアウトだそうな。


うまい具合にイングスのバナーボードがフレームイン。


4月6日J1第6節ヴィッセル神戸戦。
見事勝点3を手にしました。(バンザーイ!)

カップ戦も含め、ここ4試合もがき苦しむ状態でしたが、反町監督の言う通り『松本山雅らしさを取り戻す』・・・ことでの勝利(まさに辛勝)となりました。
試合終了直後の監督インタビューでは、私の思い込みかもしれませんが、反町監督がいつもより興奮しているように感じました。

イングスシナノは、2019年も松本山雅を応援しております。
写真は、コーナーキックを蹴る宮坂選手越しに見えるイングスシナノのバナーボードです。松本山雅HPより拝借しましたが、我が社の為のアングルの様です。


南側ゴール裏アドボードスポンサーです。


第1節清水エスパルス戦は、事実上の2019ホーム初戦ということで大いに士気も上がり 2-1で勝点3をゲットしました。
明日はアウェイ。4万人収容の大きなパナソニックスタジアム吹田でも堂々と戦ってくれるものと期待しています。
まさに ”勝利を信じて〜♪” の心境ですが、勝敗とは別に どの選手が出場するかもファンとしては楽しみの一つです。

イングスシナノは、2019年も松本山雅を応援しております。
写真は、先週の水曜日。ルヴァンカップ第1節清水エスパルス戦で、21歳以下先発出場の米原秀亮(よねはらしゅうすけ)選手です。米原選手後方にイングスシナノのバーナーボードが見えています。


今年 熊本から移籍してきた米原選手。まだ20歳、期待の若手です。


高い管理レベルが求められる自動車産業のニーズに応えるために、イングスシナノはIATF16949の正式認証を取得しました。
IATF16949は、欧米の自動車メーカーが自動車の品質向上と部品調達の世界展開を図るために、取引先である自動車部品メーカーに対して要求事項を規格化したもので、ISO9001をベースに、自動車メーカーの多数の要求事項が新たに盛り込まれた品質マネジメントシステムです。


2019年2月21日に、IATF1694の認証を取得しました。

名称         IATF16949:2016
登録認証       BVCC No:JPN‐21756/TS
IATF登録番号     350424
登録事業及び認証範囲 ㈱イングスシナノ本社 
           電子デバイス Bump bonded heat sink


IATF16949認証書


3月9日土曜日は、2019年シーズンJ1ホーム開幕。待ちに待ったリーグ戦アルウィン初戦でした。
結果は、残念ながら浦和に惜敗。
さあ、次だ!

イングスシナノは、2019年シーズンも松本山雅を応援しております。
写真は、ゴール裏バナー広告の中にイングスシナノのボードが見えます。(写真右下側です)


イングスシナノは、2019シーズンも南側ゴール裏アドボードスポンサーです。