各種ベアチップ微細実装、液晶パネル精密貼合わせ、試作から量産まで一貫受託!


お知らせ

イベント・展示会ご案内、商品情報などタイムリーに発信しています。

イングスにシナノは, 医療機器の製造・設計に関するアジア最大級の展示会 Medtec Japan に出展参加いたします。

・ミニLEDやUV-LED、フォトダイオード、各種センサーなどの半導体ベアチップ実装及び液晶パネル組み立て/タッチセンサーや各種フイルム貼合など、LCD後工程の試作から量産まで対応・・・・ということで、弊社の受託業務についてご紹介いたします。

IoTとAIの展開は医療分野に着実に浸透しつつあり。多くの医療器具は、電気/電子製品へと変貌し始めています。ユーザーインターフェースとしてのタッチパネル付きLCDや、装置そのものの機能を高める半導体センサーなど、弊社の実装試作チームが、皆さまのアイデアを具現化いたします。

2020.3.16(月)~18(水)
東京ビッグサイト 南展示棟全館
ブース番号:4212
※ものづくり支援センター下諏訪での共同出展です。

Medtec japan のオフィシャルホームページ


ご希望ございましたら、弊社より招待状をお送りします。


今回はクイズの様なお題です。
『 ”自動車→〇〇〇〇〇”は何?(ヒントは”写真機→インスタ")』

Ⅰ)
写真機とは、なんとも古めかしい呼称で恐縮すが、カメラと言ってしまうと範囲が拡がってしまいますので、あえて ”写真機” としております。

Ⅱ)
写真機とは、辞書的に言えば『写真を撮る為の機械』なのですが、今風に写真機を説明をすると、『インスタグラムにアップする画像を取得する道具』となるのだそうです。
もはや独立した写真機ではなく、スマートフォンに付属したカメラが、写真機のメインストリームになってしまったということなのでしょう。
この話を読んだ時に、その飛躍した解釈に驚かされたのですが、その反面 ”なるほどね・・・。” とも思ったのでした。
(このなるほどね・・・。 は、日経電子版テレビCMの『なるほどね・・・』です。)

Ⅲ)
すでに少し古い話題になってしまいましたが、日本の電機メーカーが米国ラスベガスの展示会で独自開発のEV(電気自動車)を発表しました。
このネットニュースを見た時に、先の『写真機→インスタグラム』の解釈が すぐに頭に浮かんできたのでした。
『写真機→インスタグラム』 と同様に考えた時に『自動車→〇〇〇〇〇』の丸の中に入る新しいワードをこの電機メーカーが提起しようとしているんだな・・・と。

Ⅳ)
パラダイムシフトと言ってしまえば、それまでなのでしょうが、
『写真機 → インスタグラム』的な価値の転換が、間もなく『自動車』で起きようとしているようです。
精密機械の代表選手だった写真機が電気製品となったように、自動車も家電量販店で買う時代が来るのでしょうか。
・・・、そこまでは行かないとしても、その領域では 多くのセンサー(半導体素子)やユーザーインターフェースとしてのフラットパネルディスプレイが必要とされ、主要パーツとして活躍することは間違いなさそうです。



あれあれ、また我が社の取扱い製品分野に話が繋がってきましたよ・・・
と、言うことでこじつけ的に宣伝させていただきます。
*****以下、我社の宣伝です。*****

イングスシナノでは、”各種FPDの試作・量産” 及び ”半導体実装とケーシング” をお手伝いします。以下にその例をご紹介いたします。

センサーやRFIDタグ、MEMSなどの各種電子デバイスや、ごく普通のCOB、基板-FPC接続など、ワイヤボンディングとACF実装でのマイクロ実装をお請けします。(付帯する組立(ケーシング)もあわせてお請けします。)
また、IC評価の為に 汎用パッケージへのワイヤボンディングする等、実験試料作製も行います。


各種フラットパネルディスプレイの試作を受託しております。(実装/貼合/組立/検査を一気通貫でご対応出来ます。)特に薄物の貼合はディスプレイ以外の製品も多数手掛けております。


最近注目のミニLED実装も手がけております。こちらもよろしくお願いいたします。
https://www.ings-s.co.jp/information/products/20190122.html  


『ものすごく少量なんですが・・・』という行き場のない案件 お待ちしております。  
まずは、弊社ホームページやFacebookを覗いてみてください。
ホームページ; https://www.ings-s.co.jp/
Facebook; https://www.facebook.com/ings.shinano

※①~④の試作の先にある多種少量生産にもご対応しております。
※環境耐久評価の出来る大型恒温恒湿室もございます。
https://www.ings-s.co.jp/business/evaluation/  


*余談になりますが、件の電機メーカーが自社商品として、”写真機” も扱っている事は、偶然なのかもしれませんが、今 自動車に目を付けたことと無関係ではない様に思われます・・・。
どうやら、自動車をあっても無くても良いモノ(生活必需品で無いモノ)として商品化しようとしていることに意味がありそうです。


12月7日(土曜日)J1 2019最終戦
今シーズンの締めくくり。
ホームでの勝利を願って応援しましたが、1-1の引き分け。今期後半戦で何回も感じた『あともう少しなのに・・・』という感情もありながら、不思議とスッキリした気分で試合後のセレモニーを見守ることが出来ました。

翌12月8日(日曜日)
反町監督と飯田選手の退団が発表されました。始まりがあれば終わりがある。出会いがあれば、別れもあるのが世の常。
さみしく無いと言えば強がりになりますが、別れがあれば再会もあるのです。また会える日を楽しみに今期を最後に松本山雅を旅立つ人たちを見送りたいと思います。

イングスシナノは、2019年シーズンも松本山雅をゴール裏バナー広告スポンサーとして応援して参りました。
写真は、戦況を見つめる反町監督と 得意のヘッドで前線へのロングパスをクリアする飯田選手です。
飯田選手の後方にイングスシナノのバナー広告が見えます。


この写真泣ける・・・(*_*)


飯田選手のシニカルな感じが好きだけどニガテでした。


イングスシナノは、第21回半導体・センサパッケージング技術展(ネプコンジャパン2020)に出展します。

会期:2020年1月15日(水)~17日(金)
会場:東京ビッグサイト 西展示棟・南展示棟
イングスシナノブース: 西ホール W10-19

詳しい展示内容は、また別報にてお知らせいたします。
是非 お越しください。


招待状が必要な方はお知らせください


展示会公式ホームページ


カテゴリーリスト

お知らせ INDEX

お気軽にお問い合わせください 0266-27-8056 (平日9:00〜17:00)

お問い合わせフォームへ