各種ベアチップ微細実装、液晶パネル精密貼合わせ、試作から量産まで一貫受託!


実装試作ニュース

昨年末まで、『イングスシナノの実装試作ニュース』の名称でメールニュースを配信させていただいておりましたが、しばらく間が空いてしまいました。
今月から改めてメールニュースを配信させていただきますので、よろしくお願いいたします。


ハノイ通勤時間帯の風景 兎に角スクーターですわ。(@_@)

ハノイ通勤時間帯の風景 兎に角スクーターですわ。(@_@)


今回のお題は『安心の価値』です。


Ⅰ)
ベトナムへ出張の折に、ガイド兼通訳をしてくれた現地の若者に日本の印象を訊いたところ面白い話をしてくれました。

彼曰く・・・
『ベトナムでは買い物をする時に、日本製なら安心。韓国製なら半分安心。中国製なら心配。』とのこと。
(日本人の)私へのリップサービスも多分に含んでいたとは思いますが、印象深い話でした。

そもそも私は、『日本を好きですか?』という意味で質問をしたのですが、彼の答えは『日本(製)は、安心』だったのです。


Ⅱ)
彼は、2ヶ月前に3年間の技能研修生生活を終えて、日本からベトナムへ帰国したばかりでした。
早速 習得した日本語を生かし、母国で 日本人ビジネスマンガイドの職に就いたということらしいです。

後から考えると、彼が(日本を)好きか嫌いかについては あえて回答しなかったようにも思えて少し気になりましたが、長年製造業に従事している私としては、『日本製は安心。』という彼のコメントが素直に嬉しく感じられました。


Ⅲ)
もう一つベトナム出張がらみの話題です。
日本から帯同してくれた30代半ばのベトナム人ビジネスマンが、友人や親せきにお土産を持って帰るといって、大きなスーツケースを二つも持っていました。
お土産の中身を尋ねたところ、赤ちゃん用の粉ミルクだそうです。
彼曰く、『日本製は安心で友達や親せきに喜ばれる。』 とのこと。


Ⅳ)
好きか嫌いかは別として、”安心”は商品の価値として重要なものであると再認識したのでした。しかも”日本製”は安心のマークなんだと。

数年前にネットニュースのコラム記事で、『もう”〇〇製”は購買動機としての意味が無い・・・』という内容の論評が載っていました。
そのコラム記事は、『A社のi電話には、”カルフォルニアでデザインし、中国で組み立てている” という表示がされ、それは多くの人が知っているが、この商品を”好き”だという購買動機の方がまさり、巷でよく聞く”中国製=品質が微妙”という負のイメージも大した意味はなくなる・・・』 という内容。

私も”i電話”を何年も使っており、どちらかと言えばヘビーユーザーの部類ですから、このコラムを読んだ時は『確かになーっ』と思ったのでした。
ところが昨年から今年、”さらに高価格帯路線へ向かった新製品が過去の勝ちパターンに比べて苦戦している・・・”との報道を目にするようになり、”好き”ってことはあるにしても『中国製なのに、こんなに高いの?』っていう感情がやっぱりどこからか湧いてくるんじゃないかな・・・と改めて考えたのでした。


・・・ということで、”安心”がとっても大切な、産業機器、医療機器、車載部品、高級コンシューマー製品については、日本国内での生産をお勧めします。(強引かつ安易な話の落ちですみません。)

イングスシナノでは、各種フラットパネルディスプレイの実装/貼合/組立/検査を一気通貫で試作・サンプル製造・少量生産、それぞれ受託しております。
また、センサーやRFIDタグ、MEMSなど各種電子デバイスや、ごく普通のCOB・基板-FPC接続など、ワイヤボンディングとACF実装でのマイクロ実装で、それぞれ試作・少量産を受託しております。


『ものすごく少量なんですが・・・』という行き場のない案件、お待ちしております。

イングスシナノ の 実装試作ニュース第49号のお題は、『人工知能と自動運転』です。

最近、お年を召された方の交通事故報道をよく目にするのですが、
『◯◯歳以上になったら自動車運転免許を自主返納しましょう・・・』だけでは解決しない問題のようです。と申しますのも、足腰が弱ったご老人ほど自動車が必要だからです。

AI(人工知能)の利用分野として、
"自動運転"が大きく注目されており、一部制約が有りつつも自動運転車と銘打ったクルマの販売も始まっておりますので、"老人による運転事故対策"としても自動運転車は大きく期待されるところです。

言わずもがなですが"人工知能"は、
それ単独では自動運転という仕事が出来ませんので、外部と情報のやりとりが必要となります。その為には様々な情報やデーターをインプットするセンサーを多数装備し、あわせて運転者からの指示を受けたり逆にクルマ側から運転者にアドバイスを与えたりする為のユーザーインターフェースが必須となります。従来の自動車にもそういった装備は有りましたが、今後の”自動運転車”には、質的にも数量的にも数段上のレベルで搭載されてゆくことでしょう。



イングスシナノでは、
これらのセンサーやユーザーインターフェースとなるタッチパネル付ディスプレイの試作事業を展開しております。

お客様は、『考える・評価する・改良する・また考える・新しい良いものが出来る』の業務サイクルに注力していただき、『評価用のサンプルを作る』や『とりあえず形にして(イメージを共有する)』などの試作/評価サンプル作成の仕事は弊社にアウトソースしていただくことによリ、従来より開発スピードがアップすることと思います。
試作だけでも受託しておりますし、産機向けで少量であり大規模生産の展開がしにくいものについては量産までご対応申し上げます。



弊社での主だった試作実施事例を以下に列挙いたします。

各種センサー
・光(発光/受光)
・ガス(気体)検知
・振動
・加速度
・重力
・温度
・圧力
・距離(間隔/間合い)
・近距離無線(発信/受信)
・脈拍計測
・指紋認証
・入力用タッチセンサー(タッチパネル)


フラットパネルディスプレイ
・液晶パネル
・電子ペーパー
・有機EL
・LED表示器
・FPD製造に付随するガラス/フィルム/タッチセンサー貼合
※フラットタイプだけでなく、曲面形状もご対応可能です。


半導体実装試作でお困りのときは、是非 イングスシナノへお声がけください。


イングスシナノ の 実装試作ニュース第48号のお題は、『諏訪圏工業メッセ』です。


イングスシナノでは、今年も『諏訪圏工業メッセ』に出展いたします。

地方で行われる工業展としては国内最大級である本展示会は、『諏訪圏工業メッセ2016』と銘打って10/13.14.15に諏訪湖イベントホール(旧東洋バルヴ諏訪工場)にて開催されます。



・加工 ・電気/機械/光学 ・ソリューション ・産学/研究 ・企画テーマ ・海外交流 ・その他 の7つのゾーンに分かれての展示は、質量ともに首都圏で行われる工業展と遜色なく、見ごたえ充分でございます。 是非 ご来場ください。


イングスシナノ展示ブースは、A-74 です。



※諏訪圏工業メッセに関する詳しい情報は、下記のURLより事務局のHPを御覧ください。
http://suwamesse.jp/

弊社FaceBookにも展示について記事がございます。   https://www.facebook.com/ings.shinano


イングスシナノ の 実装試作ニュース第47号のお題は、『ニッポン復活!!  オリンピックと製造業』です。


盛大かつ華やかにリオデジャネイロオリンピックが開催されました。
そんな中で、日本選手の活躍ぶりには、目を見張るものがあります。
2020年東京オリンピック開催に向けて 選手強化を進めているとはいえ、連日のメダルラッシュは、本当にうれしくて 楽しくて、毎朝心地よい高揚感に包まれて出勤出来ます。


さて この10年ほどでしょうか、
新興諸国の勃興におされ、日本のものづくは自信を失いかけておりました。
が、ここに来て 従来とは異なる側面からニッポン製造業が見直され、立ち直りつつあるように感じます。


弊社では、
最先端の電子デバイス開発試作を生業としておりますが、いわゆる ”枯れた製品” の組立受託もしておりまして、変化を感じておりますのは、この ”枯れた製品の組立” の需要が現在でも案外多いということにあります。
そこで、
「なぜこのような枯れた汎用品を日本で組立するのですか?」とお客様に尋ねると、「(エンドの)お客様が ”メイドインジャパン” を欲しがっているのですよ・・・」とのこと。その裏にあるのは、”安心感の需要” だそうです。

メイドインジャパンに安心感があるのは、
「(人に)使ってもらうために作る」からであって、 「(自分が)売るために作る」他国の製造業との違いかもしれないな・・・などと 生意気なことを考えたりしています。

2020年東京オリンピックは、『おもてなしオリンピック』だそうですが、ニッポンでは製造業にも おもてなしの精神と通ずるものが存在するのかもしれませんね・・・。


イングスシナノでは、新製品開発を加速する日本一の実装/貼合試作屋を目指し、以下の業務をお請けしております。

・金線・アルミ線・銅線ワイヤボンディング、フリップチップ、ACF・SMT混載実装・ シ-ム溶接による気密封止等ベアダイの 実装試作。
・LCDの実装組立。タッチセンサ貼合。偏光板貼合。カバーフィルム/ガラス貼合。ACFに よるFPC接続。各種FPD実装組立。 の試作。
上記の延長線上にある産機向け少量産もお請けします。


「メイドインジャパンが欲しい!」そんな時には、是非 お声がけください。


イングスシナノ の 実装試作ニュース第46号のお題は、『有機ELは、究極のフラットパネルディスプレイか、それとも第2のプラズマディスプレイか?』 です。
 
 
アップル社が、iPhoneへ搭載する表示体として、ごく近い将来に有機ELパネルを採用すると発表した途端に、液晶屋さんは天地がひっくり返ったごとくに有機EL開発へと舵をきったようです。マスコミもこぞってワッショイワッショイと関連記事をアップし、スマホの有機EL化の雰囲気作りに拍車をかけました。そのおかげで、有機ELの製造装置や材料を扱っている企業の株が急騰するなど、アップルの某幹部が株価操作を狙ったのではないかと 疑う向きも出る程でした。
 
ところが、件の発表から数ヶ月が過ぎ、次第に業界が落ち着きを取り戻すと、『本当に有機ELは、表示体の次期本命か?』 と疑問視する報道やコラム記事も目立ち始めております。
 
 
来るべきIoT社会では、あらゆる機械や電気製品がネットにつながり、 ファームウェアの更新を繰り返すことになるはず・・・です(※注1)。そうなれば、現在のような固定的なメカスイッチは役に立たず、タッチセンサー+フラットパネルの組合せが標準のユーザーインターフェースとなり、ありとあらゆる機械と電気製品の『顔』になるでしょう。
今のところは、スマホやタブレットPCあるいはカーナビ、変わったところでは銀行のATMぐらいでしか この『顔』とは接することがないのですが、今後は自動車を筆頭に白物家電も巻き込んで、何でもかんでもこの『顔』を持つようになると思われます。IoT社会の象徴的な状態として、『トリリオン・センサー』という言葉が使われておりますが、まさに『トリリオン・TP+FPD』(※注2)という状態でしょうか。
 
という混沌としたFPD戦国時代の中で、タッチパネルと手をつなぐのに最もふさわしいお相手は、液晶なのか有機ELなのか、はたまた電子ペーパーなのか・・・・。  そもそも手汗がベッタリ着くタッチ画面が綺麗かどうかが、そんなに大事かというと、私のようなガサツな人間には微妙なような気がしております(^_^;)



(※注1)今や、パソコンやスマホだけではなく、テレビやデジカメも制御ソフトのダウンロードによりバージョンアップを繰り返す時代が来ております。白物家電も既にそのステップまで来ているのではないでしょうか。『ママ。電気釜のソフトをバージョンアップしたから、前より美味しくご飯が炊けるようになったね・・・』なんて会話が聞かれるのもすぐでしょう。 余談ですが、画像制御と同等にソフトの役割が大きいのは熱制御だと思います。電気釜や冷蔵庫、オーブン等の台所系家電製品は、ソフトのバージョンアップだけでその性能アップが出来る製品群だと思われます。

(※注2)TP=タッチパネル    FPD=フラットパネルディスプレイ
 
 
 
イングスシナノでは、液晶も有機ELも電子ペーパーも、実装から組立まで、貼合含め試作/少量量産対応しております。特に平面形状だけでなく曲面形状の貼合試作には 力を入れておりますので、是非ご活用ください。 次期本命のフラットパネルディスプレイが何であろうが、ごく少数であろうが、弊社では新製品立上げのために試作をしたい方のお手伝いをすることに全力を上げております。