各種ベアチップ微細実装、液晶パネル精密貼合わせ、試作から量産まで一貫受託!


実装試作ニュース

2015/11/25

今回のお題は、『製品評価』です。

製品評価というと『N数増ししての確認作業』がつきものです。
わたしが社会人になった30年程前には、そういうことは入社したての新人の仕事でしたが、近頃は、新卒採用も多い年と少ない年とでの差が大きく、何年たっても若手のまま・・・という職場もあるとか無いとか。

そうなりますと、なかなか『N増し評価』などには、社内で手がまわらないのではないでしょうか。
そんな時に弊社でも、お手伝い出来る事がございます。

イングスシナノでは、製品評価のツールとして、
大型恒温恒湿室3台(5m×4m×高2.1m) https://www.ings-s.co.jp/business/evaluation/hyoka-tokucho.html
のほか、回路基板や電子デバイスの実装評価が一通りは出来るよう、

  • X線検査装置
  • 冷熱衝撃試験器
  • 恒温恒湿槽
  • ボンドテスター(ダイシェア・ワイヤープル)
  • FPCピール剥離試験器
  • デジタルマイクロスコープ

等も保有しております。https://www.ings-s.co.jp/facility/

それぞれホームページに説明を載せておりますが、詳細は案件ごとに担当よりご説明申し上げますので、お気軽にお問合せください。

※ホームページのお問合せフォームをお使いいただくと、電話の苦手な方にも便利ですのでご活用ください。https://www.ings-s.co.jp/contact/


実装試作ニュース INDEX