各種ベアチップ微細実装、液晶パネル精密貼合わせ、試作から量産まで一貫受託!


実装試作ニュース

(株)イングスシナノ の 実装試作ニュース第34号のお題は、
『IoT時代のユーザーインターフェース』
です。

32号のメールニュースで、『IOT時代の到来』ということについて、
僭越ながら触れさせていただきましたが、
今回は、その続きになります。


電気炊飯器や冷蔵庫や電子レンジ・・・
自動車やオートバイ・・・
便器やベッド・・・
とにかく、ありとあらゆる機械や道具や家具がインターネットにつながるには、
どうしても使用感の共通化されたユーザーインターフェースが必要になりそうです。

私の勝手な空想ですが、
スマートフォンのユーザーインターフェースが、
これに対する解なのだろうと思っています。

フラットパネルディスプレイとタッチセンサーの組合せは、
シンプルですが、入力と出力を一つのデバイス上で行え、
かつ ファームウェアのバージョンアップに対しても、
いかようにでも対応できるフレキシビリティーは他の
デバイスには代えがたいものです。

『IOT』というと、とかく新型センサーだとか、ビッグデーターだとか、大容量通信だとか・・・
はたまた その情報の商業利用だとか、そんな華やかな話題が目に付きますが、
地味かもしれませんが、ユーザーインターフェースとしてのタッチパネル付フラットパネルディスプレイ(=スイッチと表示)は、
全てのIOT機器 共通に必要なパーツじゃないかな、、、と考えております。

しかも 取付けるモノにより様々な大きさや形のニーズがあり、標準化しにくい不思議な電子デバイス・・・

どれだけ多様な需要が増えてゆくのか、今後が楽しみです。